トップページ » レパートリ

ナポレオン時代(ワルシャワ公国時代)の踊り 

これはショパンのポロネーズ変ロ長調とともに始まりました。この音楽は時代に愛国心を慣れ親しませる影響を聴衆に与えました。この歴史的な時代の特徴ある踊りの中で、聴衆はワルツ、ポロネーズ、マズルカを見られます。ご要望により、舞踊団はポロネーズを皆様と一緒に踊る為にポロネーズの基本的な踊り方をお教え致します。この踊りは男性メンバーによって愛国的な歌を歌われ、終ります。

ルブリン地方の踊り

 

とりわけポーランドの南東地方特有の踊り。マフ、チガン、ポルカ、オベレクはガイクのレパートリーの中で最も興味深い踊りの一つです。

そこには多くの楽しい要素があります。

さらに牛との大変おもしろい遊戯や鞭を使ったダンスもあります。聴衆にも鞭打ち大会にご参加するよう願います。

 

 

ジェシュフ地方の踊り

 

ポルカ べス ノゲ、クチャナ、ポブルズ そして ズボヌといったような この地方特有の民族舞踊。この舞踊はとても躍動的で、美しい衣装で踊られます。聴衆は帽子と遊ぶ事によってこの踊りを楽しめます。

 

 

 

 

 

 クラクフ地方の踊り

 

ポーランドのクラクフ地方の美しく伝統的な衣装はみなさんによく知られています。         クラコヴィアクというダイナミックなダンスでとてもよく私達の国民性を表している有名な民族舞踊です。この地方からの“Albośmy to jacy tacy…”, “Płynie Wisła, płynie…”といった歌は広く認識されています。ご要望により、民族舞踊団はワルツやポルカのダンスを皆様と一緒に踊る為にこれら基本的な踊り方をお教え致します

牛との大変おもしろい遊戯や鞭を使ったダンスはまたこのレパートリーにも含まれます。

 

ウヲヴィチ地方の踊り

 

準備中